アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

入居だけではない

説明する男性

事業を立ち上げたり、古くなったオフィスから移転をする場合には貸事務所を不動産会社や物件のオーナーと賃貸契約を結んで入居することが一般的です。
オフィスを借りる場合の最もポピュラーな方法がこの貸事務所の賃貸借契約ですが、オフィスを利用する条件次第では別の手段を活用することで更にコストを安く上げたり、事務効率を高めることができます。
その手段の1つがレンタルオフィスの利用で、イニシャルコストを抑えつつ質の高いサービスを受けることが可能です。
例えばレンタルオフィスならば、受付カウンターサービスで来客を社員に代わって行なってもらうこともできます。
また短時間のオフィスの利用ならば、貸し会議室を利用することもできます。
貸し会議室はレンタルオフィスと付随して提供されるケースと、独立して提供されるケースがあります。

どちらが有用か知る

オフィスの利用を考えた場合、賃貸事務所のように賃貸借契約書を結んだり、レンタルオフィスのように利用契約を結んで期間を設けて借りることが一般的です。
しかし長期的な企業活動を考えた場合、賃貸や利用料のコストもかさむことが多いため、場合によってはオフィス物件の購入に踏み切る企業もあります。
オフィスの賃貸と購入は目的という点では類似していますが、その結果は大きく異なることが珍しくありません。
土地やオフィス物件の購入費用は膨大な額となりますが、オフィス維持のランニングコストを引き下げることが可能です。
購入と賃貸のどちらが有用かはその企業の規模や土地価格、更に経営者の考え方によっても変わってきます。
例えば急成長を遂げている企業ならば、オフィス移転を繰り返した方が得な事が多くなります。
また企業イメージや信用も重視するならば、自社オフィスを持つのはイニシャルコストはかかりますが有用です。